マツリノアト~あきらの選択?~

appendix  4

こちらのお話は、とある二次作家が本イベントを振り返って書いたお話(反省文とも言う)です。これが本当に最後の最後の話となります。どうぞ、お楽しみ下さい。...

READ MORE

釣り

appendix  6

二次作家達は、突然である。何気ない会話から突然話が始まり、そして刻まれていく…このお話も、そんなひとコマから生まれたものです。さて、今日はどんなお話が始まるのでしょうか………?...

READ MORE

私を○○へ連れてって

appendix  4

それはイベント『Summer Festival』がオープンし、お話スタートを間近に控えたある日のこと。二次作家達のグループLINEにひとつの連絡が入る。(以下、ご本人の希望により匿名となっております)A「ねー、今目の前を馬車が通ってる!」B「えっ? 馬車?」C「なんでぇ? 普通の道でしょ?」A「うん、皇居の近く」D「あっ、それ、各国の大使が天皇陛下に謁見するときに使うんだって。この前テレビでやってた」B「へぇー」D「でさ。そ...

READ MORE

『夫婦の日』分岐②長期休暇編

appendix  6

...

READ MORE

『夫婦の日』のお話し 後編

appendix  4

...

READ MORE

『夫婦の日』分岐①朝顔姫編

appendix  6

...

READ MORE