Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

un secret ~秘密~ 第2話 written by りおりお 様

Category - リレー本編





♪~♪♪~♪~

二人だけが共有する独特の空気感
それを引き割くかのように、突然彼女の鞄が震えはじめた

一瞬にして空気が変わった事に、少し苛立つ俺
気付けば、ぶっきらぼうに呟いていた

「出なよ、、、」

彼女は、少し困った表情になり、、
「ごめん」と呟いて、背を向けた

「はい」
<先輩、、今どちらです?>

「えっとね、、、公園?」
<と言う事は、お暇ですね>

誰と話をしているのかは分からないが、彼女がしきりに俺を見る
だからわざと、小首を傾げ、彼女をジッと見る
(この表情に、彼女が弱い事を知っているから、、
 早く、電話を切って欲しいから、、)


案の定、彼女はポッと顔を染め、ジッと俺を見つめ返して来た

<先輩! 聞いています? 先輩!>

電話口から漏れ聞こえるのは、女性の声
その声にホッと安堵する物の、相手の方はかなり苛立っているように聞こえる
彼女も、その苛立つ声にハッと我に返った様だ

「あっ、、ごめん」
<ごめんじゃありません。 つまりお暇って事ですね!>

「いや、、暇って言うか、、暇じゃないと言うか、、」
<分かりました。 今すぐ恵比寿のカフェ『Notre fleur』に来て下さい!>

「えっ! 今すぐ?」
<そうです!今すぐです! 重要なお話があるんです! すぐに来て下さいね!>
「えっ? ちょっ、、」

スマホ片手に、茫然とした顔で、俺を見上げる彼女、、
「ごめん、、桜子なんだけど、、何か重要な話があるらしくて、今すぐ来い!って言って、話が切れちゃったんだけど、、」

(そんな困った顔で言われたら、嫌とは言えないだろ?)
「そっか、、仕方ないな、、行っといで」

「ごめん、、私の方から連絡しておきながら、、」
(いや、、凄く嬉しかったから、、あんたは気にしないで)

「良いから、、早く行きな」
「うん、、分かった。 ホントにごめんね。 この埋め合わせは必ずするから」
と、彼女は俺に軽く手を振り、駆け出した

(仕方ない、、
 彼女は、俺だけの物じゃないんだから、、)


ふいに予定が開いた俺は、時間を見るべく携帯を取り出す
その画面の日付を見て、クスッと自然に笑いが漏れた

そして、澄んだ空を見上げ、遠く異国の地に居る親友に思いを馳せる

(いよいよ、、明日、、始まるよ。 お前はどうする?)



***

つくしは、桜子が待つ恵比寿の『Notre fleur』に着いた
電車を乗り継ぎ、駅から走って来たのだが、既に1時間以上経過している
急いで店内に入ると、奥の窓際で、紅茶を飲みながら、雑誌を読んでいる桜子がいた

「ごめん、、少し遅れたよね?」
そう言いながら、桜子の前に腰を降ろし、すぐさまアイスティーを注文した

「まあ、想定内ですし、ここまで走ってこられたようですから、許して差し上げます」
「ごめん、、いや~でも外は、暑いよね~」
と、目の前の水を、ゴクゴクと飲み、空になったグラスを置く
(ほんと、、皆さんは、どうしてこのような女性らしさの欠片も無い先輩が良いのでしょう?
 日本の七不思議に入る事柄だと思います)


「それで何? 重要な話って?」
「先輩、、明日、この雑誌が発売されるんです」
と、つくしの目の前に、先程まで読んでいた雑誌を差し出す

「ふ~ん、、明日発売の雑誌が、手に入るなんて、、桜子って凄いね~、、って、、えっ!! 」
つくしは、その雑誌の見出しに目が留まった

そこには、、
≪ 美作商事、花沢物産、茶道西門流のジュニア達が、こぞって惚れる一人の女性≫
と書かれている

「これ、、美作さんと、類と、西門さんの事?」
「そうです」

「あの三人が、、、こぞって惚れる一人の女性? そんな人がいたの?」
「そうです」

「凄いよね~。 そんな才色兼備な女性が、この世に居るんだ、、」
そう呟くものの、つくしの心臓は、ドキドキと早鐘を打ち、平静ではいられない
その動揺を、桜子が見逃すはずは無い
(鈍感ですから、、まさか自分の事だとは、思いもしないみたいですね)

「道明寺さんとは、あれから何か連絡はありましたか?」
その問いに、つくしは首を左右に振る

「全然。 何も無い。
 4年後迎えに来るって言いながら、既に8年になるし、、
 F3が、何度か連絡を取ろうとしたらしいんだけど、何時も留守電とかで繋がらないって言ってた」
「そうですか、、」

桜子は、その言葉に少し考え込む
その間に、つくしの前にアイスティーが置かれ、それにストローを突き刺し飲み始めた

「なるほど、、、そう言う事ですね」
桜子が突然、納得が言ったようにポツリと呟く

「ん? 何? 何がなるほどなの?」
つくしは、アイスティーにガムシロップを入れながら、他人事のように呟いた
その様子を見て、桜子はハ~と深い溜息をついた

「先輩、、正直に答えて下さいね」
(こうなったら、私が先輩の気持ちを、お調べいたします)

突然、真剣な口調に変わった桜子に、つくしもアイスティーを置き、身構える
それを見て、桜子がその雑誌を開いた

そこには、カラー写真で、三人それぞれと戯れるつくしの姿
一応、つくしの目元には線が入れられ、分からないように加工されている物の、あきらかに同一人物と分かる

つくしはそれを見て、目を見開き素っ頓狂な声を上げる
なっ、、えっ? 何これ? えっ? 私?

「そうです。 先輩です。
 まずお聞きしたいのですが、このお写真は、どういう事ですか?」

そこには、桜の木の下で、あきらがつくしの頬に手を添え、顔を傾けている写真。
(二人の距離は、ほんの数センチです。 それに、しっかりと見つめ合っています
 しかも頬に手を添えていますし、この顔の傾け方、、間違いなくこの後、キスしましたよね?)


「あ~、、この時、目にゴミが入って、、
 ほらっ、、美作さんが下まぶたを下げて、覗き込んでいるでしょ?」
(はっ? 目にゴミ?)

そう言われ、桜子がもう一度よく見ると、そう見えなくもない
でも、バックの桜がムード満点で、恋人同士の甘いひと時に見えてしまう
(やりましたね、、美作さん。 他人が見れば、どう見てもこれは、恋人同士のワンシーンにしか見えません)

「それでは、こちらの写真は何ですか? どう見ても西門さんに、肩を抱かれていますよね?」
そこには、つくしの肩をしっかりと抱き、身体を密着して歩く総二郎とつくしの姿。
つくしの顔は真っ赤で、、総二郎は嬉しそうに笑っている

(これは決定的ですね。 先輩が人目もはばからず、西門さんに肩を抱かれています。
 恥ずかしがり屋の先輩が、こういう事をする相手、、それこそ好きな人です)


「あ~、、これね///」
つくしは、その当時を思い出しているのか、真っ赤に顔を染めた
その表情に、桜子はもう一度よく写真を見る
すると、二人の後ろにホテルが見える

(まさか!! 先輩! 脱バージンですか? まあ、好きな人なら、、自然な行為ですから、何の問題も有りませんけど、、)

「かけられちゃって////」
(かけられる? ホテルで? 西門さんに? それって、、それって、、)

「あんなに、激しく飛ばす事無いじゃない?」
(まあ、、勢いが良いと、かなり飛びますが、、それにお若いですし)

「それで、服が汚れちゃって////」
(服が汚れる? もしかして、、服を着たままやっちゃったんですか? 初めてですよね?
 私の知らない間に、既にそう言う関係が何回も?って事ですか? 
 それとも、西門さんが暴走してしまって、、って事ですか?)

桜子は、確認すべく恐る恐る聞いてみる
「先輩? 初めて、、ですよね?」

「もちろんよ!」
(ですよね、、、)

「でも、大型車が隣をものすごいスピードで通ってね。
 バシャッってかけられて、片側の腰から下が泥水だらけでね////
 西門さんが、笑いながら隠してくれて////」
(はぁ? と言う事は何ですか?
 泥はねで、片側だけ服が汚れてしまい、その部分を隠すために、西門さんがぴったりくっついて歩いたと?)

桜子は気を取り直し、次の写真を指差す
「これは何ですか?」

そこには、類が運転する車の助手席に、つくしが乗り込む姿。
車内で、類がつくしの肩に手を回し、顔を重ねている姿。
そして、、類は満足そうに微笑みハンドルを握り、つくしに至っては真っ赤になっている姿。
その3枚が、連写の様に載せられている

(これで決まりでしょう。 先輩は、元々花沢さんの事が好きでしたし、二人だけの世界感を持っています
 それにこれはどう見ても、キスをされています)


「やだっ////これっ////」
と、瞬時に照れる
(決まりですね。 先輩は、花沢さんの事が好きなんです)

「されたんですね」
(もちろん、、キスをされたんですよね?)

「やったよ」
つくしは、ポッと頬を染め、小さく呟く
(やっと認めましたね。 つまり今は、花沢さんの事が好きなんです)

「だって、今は必ずシートベルトを付けるじゃない?」
「はっ? シートベルト、、ですか?」
桜子は、思わず呆けた声で呟いた

「そう、、類の車って、外車じゃない? シートベルトが引っ掛かって、、そうしたら、類が身を乗り出して、ベルトを引っ張ってくれて////」
(なんで、シートベルトを着けたぐらいで、顔が赤くなるんですか!
 その後、キスをしたんでしょ? 正直に白状して下さい!!)


「それくらいで、ここまで顔が赤くなるはずが無いと思いますが?」
桜子は、真っ赤になっている写真を、チョンチョンと指で押す

「だって、、類の顔が目の前に来るんだよ?
そっ、、それに、、クスッって小さく笑って、、かっ、顔に、類の吐息がかかって///」 
(はぁ? 吐息? それぐらいでこんなに赤くなっていましたら、キスをされた時には、心臓が止まってしまいます!)

桜子は、もう一度すべての写真をよく見る
(つまり、、これらすべての写真は、あの御三方との、なんちゃって写真、、奇跡の1枚って事ですか?
 そしてその御三方が、満を持して行動に打って出たと言う事ですね)


桜子は、姿勢を正し、つくしを見る
「先輩、、この雑誌は、明日発売されます」
「うん。 どうしよう。 ねぇ、、どうしたらよい? これ、止められないかな?」

「無理です。 この記事は、この御三方が意図して撮らせ、そして書かせた物だからです」
「えっ? 何で?」

「道明寺さんに、宣戦布告をする為です。
 4年を経過しても迎えに来ませんし、御三方が連絡しても、梨の礫だとお聞きしました」
「うん」

「そこで、御三方の恋の噂、、しかも先輩を取り合っていると知れば、世界中のどこに居ても、必ず道明寺さんの耳に入るはずです。
 それでも、何の連絡も行動もとらなければ、、既に先輩は、捨てられた事になりますし、この御三方も、遠慮なく先輩を自分の彼女に出来る、、と言う訳です」

桜子のキッパリとした発言に、つくしは驚愕する

「ちょっ、、ちょっと待って! 連絡が来なければ捨てられたって事は分かるよ?
 でも、彼女に出来るって、、」
「まだ分からないんですか? 御三方共、先輩の事が好きなんですよ!
 良く考えてみてください。 御三方共、お仕事も凄く忙しい方です。
 ですが、どなたも彼女を作る事無く、ずっと先輩を支え続けています。 
 ただの友達としか思っていないのであれば、こうして数少ない休日を、先輩と過ごすために当てるとは考えられません」

「えっ? でも、、私、、」
「そうです。 先輩は、この方達と親密に接しすぎた為、自分の気持ちが分らないまま時間が過ぎているんです。
 それに元々鈍感ですから、友達と恋人の区別が上手くつかないのかも知れません。
 ですから、こうして強硬手段に出たんですよ。
 良いですか、、もう逃げられませんよ。
 皆さんとキチンと向き合い、誰の事が好きなのか、、それとも4人共好きでないのか、きちんと判断する時期に来たと言う事です、、」

「そんな、、急に言われても、、」
「そうでしょうか? 先輩と皆さんとは既に8年もの付き合いになります。
 きっと心の中では、既に本命の相手がいるのではないですか?
 それを見極める、良い機会だと思うんです。
 とりあえず、、明日この雑誌が発売されると同時に、戦闘開始のゴングが鳴らされます。
 逃げ出す事無く、きちんと自分の気持ちを確認してくださいね」

桜子の迫力のある言葉に、つくしはごくりとつばを飲み込み、、
「分かった、、」
と呟いた

「それと、、一応確認ですが、道明寺さんから預かっている携帯は、電池切れとか故障中とかって事は無いですよね?
 万が一、そのような事があれば、シャレになりませんよ?」

その言葉に、つくしは鞄から二つ折りのド派手な携帯を取り出す
「一応、、充電はしているんだけど、、どうだろ?」

それを確かめるべく、その携帯を開こうとした時、、
突然、その携帯が大きな音を立て始めた

そのタイミングの良さに、思わずつくしと桜子は、目を合わせた



第3話へ続く




う~ん。さすが桜子。しっかり者すぎます。心の声サイコー(笑)
それに引き換えこのつくしの天然っぷり。
「ああ、つくしならあるだろな」と誰もが思うはず。

第1話を担当された空色様が、皆様からのコメントへのお礼を公開されています。
第1話のコメント欄よりお読みくださいませ。




応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



↓オマケ↓があります。ポチっとお願いします!
web拍手 by FC2
関連記事

Category - リレー本編

23 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 03:10 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 08:11 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 08:51 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 10:59 | REPLY |   

りおりお  

yukiko様

はじめまして。 コメント有難うございます。
二番手にバトンを貰い、とにかく頑張らねば、、と考えた結果、桜子の登場となりました。
桜子、、何気に好きなキャラです。
つくしちゃんをとことん慕ってくれ、叱咤激励してくれる可愛いキャラですよね?
初めてリレーに参加した手前、ドキドキと緊張していましたが、こうして温かなコメントと共に、いろんな作家様とお知り合いになれた事は、凄く嬉しい出来事でした。
何とか無事、三番手にバトンを繋ぎましたので、今後の展開も是非楽しんで下さいね。
ありがとうございました~ \(~o~)/

2016/05/23 (Mon) 11:25 | REPLY |   

yukki  

No title

こんにちは。お話読ませて頂きありがとうございます。いつも、りおりお様のお話を読む時は『家』で読むことを心掛けているのですが、今回のお話も然り、昨夜読ませて頂いておいて良かったです(^^)深夜の薄暗いリビングに私の爆笑が響いておりました。外で読むと笑いが堪えられずヤバイんですよね!こちらも期待通りの『心の声』を盛り込んで頂き嬉しい限りです。りおりお様のお部屋でコメ返頂くと、おっとり、しっとり、清楚なイメージなんですが、お話の内容はとても弾けていて そのギャップがまた面白いな~と常々思っております。オマケの桜子の毒舌も楽しかったです(^^)彼女なら間違いなく3人纏めてフルコースで相手することでしょう(笑)りおりお様カラーに溢れたステキなお話で、楽しませて頂きありがとうございました。

2016/05/23 (Mon) 12:22 | REPLY |   

kazigon  

No title

更新ありがとうございます!(^^)!
さぁ~つくしちゃんが誰を選ぶのか、F3はどんな動きをとるのか楽しみですね~
つくしちゃん振り回されるんだろうな~( ;∀;)
楽しみにしております(^^♪

2016/05/23 (Mon) 12:24 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 12:33 | REPLY |   

りおりお  

ノエノエ様

こんにちは。
楽しんで頂けて良かったです。
まさかの桜子登場、、、えっ!!ですよね
彼女らしい口調で、鈍感つくしちゃんにきっぱりと告げる辺り、、さすがです
つくしちゃんを慕っているし、つくしちゃんの幸せを一番願っているし、、
何より彼女の言葉には、つくしちゃんに対する愛がある❤と思いませんか?
さあ、、バトンは三番手に渡して来ました。
この後どうなっていくのか、、是非木曜日まで楽しみにお待ちくださいね。
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 14:51 | REPLY |   

りおりお  

ロンロン様

こんにちは。
空色さんからバトンを受け取り、焦りながらもなんとか書き上げました。
空色さんのほのぼのとした作風から、代わりと変わり、俄かに何か起こりそうな雰囲気になりましたね。
どうなっていくのかは、、、木曜日までお待ちください。
きっちりと三番手にバトンを渡して来ましたから (*^^)v
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 14:55 | REPLY |   

りおりお  

kachi様 (拍手コメ)

こんにちは。
桜子の登場で、鈍感つくしちゃんをビシッと諭してくれました。
それに対し、、つくしちゃんはオロオロ状態?
それに、司君から持たされた電話を、今でも大切に持ち、充電を続けているつくしちゃんは、、やっぱり??でしょうか?
どうなるんでしょうかねぇ?
バトンは三番手に渡しましたので、是非お楽しみくださいね
コメント有難うございました (●^o^●)

2016/05/23 (Mon) 15:01 | REPLY |   

りおりお  

masamasa様 (拍手コメ)

初めまして。 こんにちは。
桜子、、良いキャラですよね?
何だかんだで、つくしちゃんの強い味方です。
そして、masamasa様のおっしゃる通り、二人は良い関係ですね
今後の展開も是非お楽しみください。
コメント有難うございました (=^・^=)

2016/05/23 (Mon) 15:04 | REPLY |   

りおりお  

ぐみあり様

はじめまして。 こんにちは。
我が家のブログにもお越し頂いているようで、重ね重ねありがとうございます。
一話目からの電話は、、まさかまさかの桜子、、
そして、桜子からの追及に、のらりくらりと答えるつくしちゃん、、
我が家ではおなじみの、主語なし会話に挑戦してみました。
楽しんで頂き、ホッとしております
(あまりにも、一話目からガラリと変わる作風で、、内心ビクビクしておりました)
これから、、どうなっていくのか、、是非楽しみにして下さいね。
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 15:15 | REPLY |   

りおりお  

yukki様

こんにちは。
二番手にバトンを貰い、凄く緊張しておりました。
我が家の作風を、そのまま書き連ねたのですが、楽しんで頂き嬉しく思います。
そして、、おっとり、しっとり、清楚と言うイメージを持って下さりありがとうございます。
でも実は、、かなり天然と家族に呼ばれております。
それが、お話の至る所に現れているのかもしれませんね。
お話は、三番手にシッカリとバトンを渡しましたので、是非木曜日まで楽しみにお待ちくださいね。
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 15:23 | REPLY |   

りおりお  

kazigon様

こんにちは。
つくしちゃん、、誰を選ぶんでしょうねぇ?
桜子から、しっかりと釘を刺されたし、雑誌は発売されるし、、
今までの様に悠長に構えてはいられなくなりました。
まあ、、何時までも仲良しこよしでは、いられませんからね
そろそろ決断を下す時期になっているって事ですね。
この後、、どうなっていくのか、、是非木曜日をお楽しみに~
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 15:26 | REPLY |   

りおりお  

ずき様

こんにちは。
我が家のブログにもお越し頂き、ありがとうございます。
お話のコンセプトとか細かい設定など、何一つありません
ただ、、前の人からバトンを貰い、ひたすら妄想するのみです。
ですから、凄く緊張しました。
いろんな作家様がいますから、それぞれ自分の味を出してくると思います。
完結する頃には、きっと素敵なフルコースになっていると思いますよ。
是非、お楽しみに \(^o^)/
コメント有難うございました

2016/05/23 (Mon) 15:32 | REPLY |   

りおりお  

kyoro様 (拍手コメ)

こんにちは。
桜子だからこそ、つくしちゃんにハッキリと聞けるんですよね。
まあ、桜子も興味津々と言った所でしょうか?
だって、F4全員が惚れる女の子ですから
(その桜子も、すっかりつくしちゃんの虜ですしね)
この後の展開も、是非楽しんで下さいね
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 15:36 | REPLY |   

りおりお  

てるてる様(拍手コメ)

はじめまして。 こんにちは。
類君、、良いですよねぇ。
大好きなんですよ~。
今回、、桜子が、鈍感つくしちゃんに、キッパリと今の現状を伝えました。
そこで初めて、、ええっ!!となったつくしちゃん、、
雑誌も発売されるし、どうなるんでしょう?
この後は、三番手の方の手腕に任せましょう
ドキドキしながら、お待ちくださいね
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/23 (Mon) 15:56 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/23 (Mon) 23:14 | REPLY |   

りおりお  

3児の母様

はじめまして。 
類君、、良いですよね~ (*^^)v
私も、二次小説と言う物を知り、そこで類つくを読み漁っていたのですが、無謀にも描き始めた次第です。
今回は、桜子がつくしちゃんに雑誌を突きつけ、グイグイと本音を聞き出そうとしたのですが、それも失敗に終わりました
それでも、つくしちゃんに発破をかけましたね
これからどうなっていくのか、、是非楽しんで下さいね。
我が家のお話は、もちろん類つくオンリーですので、是非楽しんで下さいませ
コメント有難うございました <(_ _)>

2016/05/24 (Tue) 09:33 | REPLY |   

りおりお  

イズン様 (拍手コメ)

こんにちは。
お褒め頂きありがとうございます。
私の書いたお話に、こうして挿絵を載せて下さるやこさんには脱帽物です。
文章に、花を添えてくれる感じですよね?
初のリレー作品参加で、緊張していましたが、無事バトンを三番手に渡す事ができ、今はただただホッとしております。
これからの展開も、是非楽しんで下さいね
コメント有難うございました

2016/05/24 (Tue) 09:38 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/25 (Wed) 15:58 | REPLY |   

りおりお  

さとぴょん様

初めまして
楽しんで頂き、ありがとうございます<(_ _)>
心の声(色つき)と言う、変わった手法ですが、内心が分かり面白いですよね。
特に、類君は、なかなか言葉を口に出しませんし、桜子は、憎まれ口を叩くんですけど、その腹の内は、真剣につくしちゃんの事を考えているし、、
で、こういう手法を、ここでも使わせて貰いました
「かけられちゃって////」発言、、
ツボですよね?
主語のない遣り取りで、ここまで違う発想が出てくるんですよね。
ふふっ、、と、笑いながら、私もアップしました。
これからも、まだまだお話が続きます。
是非、最後までお楽しみください。
コメント有難うございました\(~o~)/

2016/05/26 (Thu) 17:43 | REPLY |   

Post a comment