Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

潤の部屋 ⑤

Category - 潤の部屋
PP_kazamiuma_TP_V.jpg

※以下の対談風小話は、リレー小説の設定とは全く関係ありません。




5月25日 午前0時8分 東京都内 メイプルホテル スイートルームにて。


 潤 「どうも~!潤の部屋です!今日は特別対談第1弾ということで、我らが坊ちゃんこと道明寺司さんをお招きしてます!」

 (というよりも、呼ばれたんだけど…とは言えないな…)

 司 「おう…、さっさと終わらせてくれ。牧野が待ってる」

 潤 「あ…そうなんですね。すみません、ではちゃっちゃと終わらせましょう」

 司 「あんだと!?俺様との対談を『ちゃっちゃと終わらせる』だと?」

 潤 「あ、すすすすすみません!迅速かつ丁寧な対談を心がけます」

 (アンタがさっさと終わらせろって言ったんじゃないのさ(・・;))

 司 「じゃ、始めてくれ」

 潤 「は…はい」

 (こえぇww)

 潤 「今回のイベントですが、11人のうち半分以上が『類つく』の作家さんですが、それについてどう思いますか?」

 司 「ピキッ」

 潤 「ウゲッ、あ、えっと…」

 (ヤバイ、マジでキレかけてる…)

 司 「その『類つく』とかいう話を書いてる奴はどいつとどいつだ?」

 潤 「え、あ…その、えっとぉ」

 (空色さん・心愛さん・みかんちゃん・アキさん・星香さん・りおりおさん、逃げのびてくれっ!)

 司 「まあ、いい。で、『つかつく』は誰だ?」

 潤 「あ、ハイ『やこさん』という普段イラスト描いてる方です」

 司 「そうか、そいつは俺のファンなのか?」

 潤 「ハイ、それはもう熱狂的でして」

 (やこさん、あんたが総二郎にオチそうだとは口が裂けても言えないよ)

 司 「残りは総二郎とあきらか」

 潤 「ハイ。西門さん好きは2名ほどいます。他は特定のCPに縛りはありません」

 司 「あきらは?」

 潤 「あ、特に決まった作者さんはいないんですが、今回美作さんに惚れてしまった人がおひとり…」

 司 「ふん、どうせ小説書いてるのは人妻だろ?ならあきらにちょうどいいな」

 潤 「ははは(・・;)」

 (ご、強引すぎる…)

 司 「で、お前は誰が好きなんだ?」

 潤 「あ、え?私ですか??」

 (なぜ私に話を振るっ!)

 司 「おう」

 潤 「えっと…」

 (ちょっと!なんで私が質問攻めにあってんの??インタビュアーこっちなんだけど…)

 司 「なんだ、お前も類か?」

 潤 「い、いえ、そりゃもう道明寺さんにゾッコンですよ。今すぐに抱いてもらっても構わないくらいです」

 (し、しまった(゚Д゚;)なんてことを…)

 司 「ふっ、悪いな。あいにく俺は牧野にしか反応しねぇんだ」

 潤 「あはは…そうですか。そうですよねぇ」

 司 「お前、名前なんだっけ、ああ潤か。ドラマ見て俺に惚れたクチか?」

 潤 「ああ、はいそうです。松本潤君の俺様っぷりに一発で落ちました」

 司 「だよな?俺も奴の働きっぷりに関心してたとこだ」

 潤 「はい。もうマツジュンから嵐にハマってしまいまして、コ●トコ会員を継続するか嵐のFCに入るか年中迷ってます」

 司 「なんだ?ライブのチケットが手に入らないってやつか?」

 潤 「はい、そうなんですよ。FC入ってもチケット取れなきゃ意味がないかな…なんて。ウチも貧乏なもんですから」

 司 「なんだ?お前ん家もクソ狭いアパートなのか?」

 潤 「イヤ、一応一軒家ですけど…35年ローンでして…」

 司 「そうか。大変だな。じゃ、俺と牧野のアレやコレやを濃厚に書いてくれるなら、一発でローンとやらを俺が支払ってやるぜ」

 潤 「マジすか!?」

 司 「嵐のチケットも最前列にブチこめるようにしてやる」

 潤 「道明寺さぁ~ん」

 (なんていい人なんだ~♥ 一生ついて行こう♪)

 西田 「司様、お時間です」

 司 「お、牧野来たか?」

 西田 「はい、いらっしゃいました」

 司 「おい、お前誰だっけ?ああ、ジョンか。牧野が来たから退散してくれ」

 潤 「え…」

 (つーか、なんだジョンって。犬かよ)

 司 「早く出てくれ。これから牧野と甘い(ジュル)時間をだな…」

 西田 「潤様。申し訳ございません。お時間でございますので本日のところは…」

 潤 「あ、ハイ」

 (この対談って時間決まってたのか?!)

 司 「そういうことだ。気を付けて帰れよ」

 潤 「ハ…ハイ。本日はどうもありが…」

 (っていうかもういねぇし!)



 潤 「と、いうわけで本日の対談はこんな感じで終わりになってしまいました」

 (おそらくあの調子じゃローンと嵐のライブの件はなかったことなんだろうな…)

 潤 「私、かなり不完全燃焼ですが本日はここまでとさせていただきます」



 作家一同

 「コラっww!潤の役立たずめっ!」



明日はお待ちかねの第3話です!お楽しみにっ(とごまかす)




ランキングに参加しています!ポチッとお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




web拍手 by FC2

関連記事

Category - 潤の部屋

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/25 (Wed) 15:25 | REPLY |   

潤@管理人  

さとぴょん様

ハイ、ジョンです。
次の対談まで、もう少々お待ちくださいませ(・∀・)ニヤ

2016/05/25 (Wed) 21:22 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/25 (Wed) 22:45 | REPLY |   

潤@管理人  

ノエノエ様

対談、楽しんでいただけたようでとても嬉しいです。
第2弾はですねぇ…
アポ取ってる最中ですので少々お待ちくださいませ。
みんな忙しいもんねー(笑)

2016/05/25 (Wed) 23:42 | REPLY |   

Post a comment