Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

シゲルジャック 分岐とそれぞれの最終話編 後編

Category - シゲルジャック
PP_kazamiuma_TP_V.jpg
こんばんはー。
滋ちゃんだよ~!

ハイ、前回の続きね。

前回は確か脱線しちゃったんだよね~。えへへ。

今日もいろんなお話引き出して来るから、皆さん帰らないでねー!



ふぅ。じゃあここは!
脱線しないようにちゃんと話を振らないとね!

「あのね?分岐のきっかけってなんだったの?」

「asuさんの何気ない一言から始まったんだよな?」

「みんなでラスト書いたら面白い、だっけ?」

「それでGipskräuterが大変だけど面白そうって乗っかって。」

「けどそん時はそのままお開きになったじゃねーか!」

「その時、星さんもいなかったっけ~?」

言い出しっぺはasuhanaさん?
で、Gipskräuterさんが乗っかって?
星香さんは静観?

「後日またその話になったんですよね?確か。」

「そうそう。最終話の話どうなったの~?って誰かが言ってた気がする~。」

「あっ、そうだ!それで、確かaoiさんが何それ?って突っ込んでたぜ。」

うんうん、なるほどね。
それで?

「あー確かやこが頭抱えてたよーな気がするな。
あいつ、ちょうどバトンが回って来たところだったからよ。」

やこさんってことは、3話目で決まったってことか…。
ってことは…。

「それってさ?
1話目と2話目の空色さんとりおりおさんは書き終わってたところに、最終話の話が舞い込んで来たってこと?」

「あぁ、それ。クスッ。」

「類、笑っちゃダメだよ~。」

「だって、りおさん。終わったばっかりなのにまた考えるの?って、固まってたよ。
牧野みたいだよね?」

「もう、類っ!でもそのあとご機嫌だったよね、楽しいって!」

「空さんは静かにショック受けてた。ぷっ。」

そりゃそうだよねー。
終わって安心してたところに爆弾落とされたんだから!

でもなんか面白くなってきちゃったよ。うふふ。

「ねぇねぇ、他の人は?
って、最終話の話は3話で決まったってことでいいんだよね?」

「そうじゃね?
miumiuのところにバトンが回った時には決まってたって言ってたからな。」

asuhanaさん、Gipskräuterさん、星香さん、aoiさん、やこさん、空色さんとりおりおさん。そしてmiumiuさん。
これで8人でしょ。
あとはアキさん、みかんさん、ココアさんか…。

「みかんがさ、最終話の存在知って、『せっかくノルマこなしたのにまたかよ!?』ってぼやいてた。」

「ねぇ、類?さっきから誤解を生むような言い方ばっかりしてない?
『いい経験になってよかった』って言ってたじゃない!」

「んー、そうだっけ?」

類くん!
そこ大事だから!!

「そりゃそーだろ。言い出した本人も『またかよ』って言ってたからな。」

「あーaoiさん倒れてたぜ。最終CP丸投げですかい?ってブツブツ言いながらな。くくっ。」

でもなんだかんだ言いながら楽しんでるっぽいよね?
やっぱりこれだけのメンバーが揃ってるだけあるよねーっ!

「ねぇ、類?アキさん、嬉々としてパソコンに向かってたよね?」

「ああ、そういえば…。きっとあの顔は…だよ。あの人ってすごいよね。」

ちょっとちょっと、類くん!
あの顔は何?
気になるじゃないっ!

「ココアさんなんて、マジかよーってショック受けてたじゃん。」

「でも最後は楽しそうにしてたよね。」

なるほどね~。
でもこれだけの人数がいるのに反対する人、一人もいなっかったってのが凄くない?

やっぱり二次作家の呼び名は伊達じゃないってことなのかな?うふっ。



こーんな感じで決まったらしい分岐とそれぞれの最終話。

なんかみんな大変とか言いつつ楽しそうだよね~。

相変わらず滋ちゃんの出番はないみたいだけどさ。
でもそれぞれの最終回でもしかしたら出番あるかも知れないし?

皆さんも読みたい最終話に会えるといいね~♪


皆さーんっ!!

引き続き、

『Notre fleur』 un secret ~秘密~

応援よろしくね~♪



fin



執筆 Gipskräuter



応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




web拍手 by FC2

関連記事

Category - シゲルジャック

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/26 (Sun) 01:11 | REPLY |   

Gipskräuter  

Re

さとぴょんサマ
コメントありがとうございます。
このお話を書くに辺り私の記憶の範囲では足らず、それぞれにお話を聞いたんです。そうしたら伝達やそれぞれのリアル状況で、あまりにもばらつきがあることに私もビックリしちゃいました!(笑)
この後はいよいよ連日アップの最終話です!
どのお話も読みごたえ抜群です♪
最後までお付き合いいただけたらとても嬉しいです(*`・ω・)ゞ

2016/06/27 (Mon) 12:33 | REPLY |   

Post a comment