Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

夜の帳が降りる頃(とある妄想話)

Category - 妄想日記
PP_kazamiuma_TP_V.jpg
恋した瞬間! 世界が輝いた。 
キラリ キラキラ 輝いた。

世の中って、こんなに綺麗だったんだね。
そう思う程に、キラキラ キラキラ 輝いている。

「うーーーーん」 
胸いっぱいに、澄んだ空気を吸うの。

あたしは、まだホントの恋を知らなかった。
ホントの恋は‥ キラキラ輝くばかりじゃない。

ドロドロドロドロしてるんだ‥


カタカタ カタカタ  キーボードを打つ手を止めた。
あれっ? 初恋の キラッキラリを 書きたかった筈だと‥

あれっ?あれれ‥
うーーーん。 初恋? いつの事だったけ?
遥か彼方過ぎる…

遥か昔に想いを馳せ……



ガチャッ 
自室の扉が傍若無人に開かれて‥

「見て見て!パンツはいてない人に見えるでしょ?」

プリプリなお尻を出されても…

イエーイ とかけ声一つかけて、何やら踊ってる。

「お母さんも一緒に踊ろうよ!」

いやいや…流石にそれはご遠慮願いた…
あれれっ、私‥踊ちゃってるよ。

「楽しいね~お母さんも、パンツで踊ったら、もっと楽しいよ」

キラリ キラキラの瞳をして、一生懸命に力説してる…

パンツで踊る? あははっ…流石に、そりゃないよ。

だけど‥‥
初恋のキラリは、なんでも、キラキラしていた頃の特権なのかな?

キラキラは、切なさを知って、ドロドロを知るのかな?

まぁ、切ない恋も、ドロドロ恋も悪くない。
で、母さんに話して聞かせてよ、君の恋話。
ガッツリ、ネタにさせてもらうからさぁ~

クククッ…と、ほくそえむ。

隣で小鳥が、ピィーピィー 愛を下さいお母さん。と騒いでる。

愛に終わりはないようで、ずっとずっと肩に止まってる。

時折、思い出したように、愛を下さいと叫びだす。

ハイハイ。わかりましたとお話ししながら、妄想する。

これが人間だったらと…

おっ、お話一つ浮かんだ!
カタカタ カタカタ‥キーボードを打ち込む。 


パンツ息子に、ピィーピィー小鳥。
空に帳が降りた頃の、日常だ‥

いつの日か、こんな事も懐かしいと思うのかな…


カタカタ カタカタ‥キーボードを打ち込んむ。


執筆 asuhana



応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




web拍手 by FC2

関連記事

Category - 妄想日記

2 Comments

kachi  

No title

おはようございます(o^^o)
asuhanaさんが沢山のお話を忙しい日常の中、どう紡いでいらっしゃるのか気になってました。
おー!
パンダ坊っちゃまのダンスや小鳥ちゃんの囀に囲まれて書いていらしたとは(笑)
まさか、あのシーンがこんなに楽しそうなご家庭のひと時から生まれていたなんて、妄想万歳です〜(o^^o)
asuhanaさんの最終話楽しみにしてます(*^_^*)
他の方のラストヒーローは決まっていると思いますが、いつもはF4全員をヒーローにしているasuhanaさんが今回選んだラストヒーローは誰か気になります(o^^o)
もし良かったらあとがきで選んだ理由も後で教えてもらえたら嬉しいです(*^_^*)

2016/06/25 (Sat) 07:07 | REPLY |   

asuhana  

Kachiさま

こんにちは♪いつもありがとうございます(*^^*)
横でピーチク、パーチクうるさいです。
後書き…明日の方で書きますね~

2016/06/25 (Sat) 14:43 | EDIT | REPLY |   

Post a comment