拍手小話

拍手小話 最終話 りおりお様Ver. 後編

0
丁度、昼休憩になり、ランチを取っている所でした。
すると、テレビが急に、緊急生中継と言う物に切り替わりました。

その建物を見て、ビックリです。 
あれは、先輩のお勤めしている会社では無いですか!

その建物は、一階から火の手が上がり、沢山の人が救助されています。
ですが、先輩の姿が見当たりません。

既に救助されたのでしょうか?と思っていた所、、
ビルの5階当たりでしょうか? 
突然、二人の方が手を繋いだまま飛び降りました。

その僅か数秒後に、大きな爆発音がしたのですが、、
あのお二人って、、先輩と花沢さん?

この席からは見えませんので、、ちょっと失礼して、最前列へ移動いたしましょう。

あっ、、間違いないですね、、先輩と花沢さんです。
良かった、、先輩が御無事で、、、
と思ったのも束の間、私は我が目を疑いました、、

えっ! 先輩、、キスしていません?

私の疑問に応えるように、カメラがお二人をズームで撮り始めました。
ナイスです! カメラマンさん! そのままアップでお願いします。

あっ、、やはり花沢さんと、しっかりキスをされていますね。
しかも、、フレンチキスとかではなく、濃厚なディープキスです。

これ、、テレビ画面いっぱいのナイスアングルなんですが、、
先輩はまだしも、花沢さんの方は、肖像権の方とかは大丈夫なのでしょうか?

これ、、全国ネットですよ?
日本中、、いいえ、海外配信もされていますから、世界中の人が見ているはずです。

その中、、この二人は、、まだキスを交わしています。
長くないですか? 長いですよね?
すっかり、二人の世界に入られているようですけど、、
誰か止めに入った方が、良いのではないでしょうか?

あっ、、なるほど、、やりましたね、、花沢さん。
カメラに綺麗に映る角度に、何気に顔を傾けていらっしゃいます。
全世界の人々に、恋人宣言されている訳ですね。
お見事です。

これで、先輩と花沢さんは、晴れて恋人と言う事になりましたから、傷心の御三方は、安心して桜子にお任せください。

取り急ぎ、、テレビの前からですが、先輩にお祝いを、、
~ Congratulation ~


執筆:りおりお様
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply