駄文置き場のブログ 2nd season

□ 拍手小話 □

拍手小話 最終話 空色様Ver.

asuhanaさまのお部屋で公開させて頂いた、
「おそろいのパジャマ」のその後の日常小話です。

*****

その日、つくしは猛烈に疲れていた。
そう……猛烈に………。


バスルームで手に掴んだパジャマに袖を通し、
少しの違和感を感じたものの、何が違うのか考えるのを放棄する程、
……………眠かった。

ふらふらとリビングに辿り着き、
ソファーに転がっている類に声を掛ける。


「…るい…お先……お風呂いい…よ」


その後の事は、コレッポッチも覚えてない。

声を掛けられた類が、つくしを見るなりほんの少し目を見開き、
嬉々としてバスルームに消えたのすら、
覚えてない。


一方、類。

頭から全開にしたシャワーの飛沫を
豪快に浴びる。


……ヤバイ。可愛い過ぎだ。

何がどうして、俺のパジャマを着て出て来たのか?
同じ色、同じ形の色気のカケラも無いハズなのに…。

何であんなに、可愛いんだっ!!

はっ!!もしかして、誘われた?


…ぶかぶかのパジャマ…、
長い袖から指先の小っさい爪だけがピョンと出てた、
桜貝みたいだった。

風呂上がりで全身がほんのり桃色で、
同じボディーソープなのに誘い込まれる様な、
甘い香りだった。


……ダメだ…堪えろ俺!

堪えるんだっ!…息子!

あと少し、コラエロッ!!


***

心の準備OK!
身体の準備OK!
モロモロの備品、準備OK!
モチロン息子の準備、超Ok!


「牧野、おま……た…せ?…」


バスタオル一丁でバスルームから出た類が見たのは、
とっくの昔に夢の中へダッシュで旅立ったらしい、
ソファーの上の愛しい愛しい牧野だった。


まーーきーーのぉーー!!!


**********

皆さまのお陰で、最終話にFin.を打つ事が出来ました。
最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。



執筆:空色様
関連記事
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2016/06/29
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする