Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

パラレル時代劇『お江戸でござる! 設定集』

Category - 捧げもの
oedo_de_gozaru.png



お話の都合上、判りにくかった各キャラクター設定です。


【総二郎】
つくしの旦那さま。品川宿の問屋『牧野屋』の頭(婿殿)
普段は何もしないぼんくら亭主で、着流し、杖を片手に町中や賭場をウロウロしている。
店はつくしと番頭、類に任せっきりだが、不思議と人気はあり、一声掛ければ集まる人は数知れず。
元、武士の次男坊で、類、あきらとは同じ道場通っていた。
剣術は師範クラスの腕前だが、面倒で師範の免許皆伝は持っていない。
武器は杖に仕込んだ剣。居合い斬りの達人。
モデルはジョージ秋山先生原作『浮浪雲(はぐれぐも)』の雲。

【つくし】
総二郎の妻。品川宿の問屋『牧野屋』の女将で一人娘(家付き娘)
若い時はチャキチャキのお転婆娘。
総二郎との間には男女1人ずつの子供が居るが、外見は未だ『娘』と言っていいくらい若い。
総二郎のことは、人前では『旦那様』と呼ぶが、2人だけだと『総』と呼ぶ。

【類】
『牧野屋』のやり手番頭。牧野屋はつくしと類で持っているようなもの。
つくし争奪戦に負けた後、無理矢理一緒に着いてきて、ちゃっかり番頭に収まる。
総二郎、あきらの幼なじみで剣術仲間で、総二郎と同じく武家の息子。
剣術は強いが実践向きの我流のため、免許皆伝には至らない。
武器は懐に忍ばせた鉄扇。(重くて普通の人は持てない)
舞うような武術を見せる。
モデルは新選組副長 土方歳三+新選組局長 芹沢鴨
↑はい、星香の趣味丸出し(^^;)

【あきら】
南町奉行所の定町廻り同心で、総二郎、類とは同じ道場に通った剣術仲間。
同心の中では出世頭。既婚者。
剣術の腕前は、3人の中で唯一、免許皆伝の師範代。
苦労人の中間管理職。
モデルは『必殺仕事人シリーズ』の中村主水。
↑婿殿じゃないですが…(^^;)

【司】
本所・深川を拠点に江戸の町を取り仕切る侠客の頭。
江戸中の裏の世界に顔が効く。
総二郎とは口喧嘩仲間(似たもの同士)
滋に頭が上がらない。
モデルは清水次郎長。

【滋】
司の情婦。(実質は妻)
総二郎の口説きに軽口で返せる数少ない人。
人情肌の姉御。

【優紀】
つくしの友人。松岡屋の若女将で、現在は妊娠中。

【和也】
牧野屋の新人丁稚。

【杜花】
新吉原の中でも1.2を争う遊郭『柳緑楼』の一番花魁。
総二郎の馴染みだが、総二郎がつくしにべた惚れのことを知る、数少ない人。
モデルは花さま(^^)…なのですが、
イメージは新選組総長 山南敬助の情婦(島原の遊女)明里です。
余談ですが、挿話零の中で総二郎が言っていた「振袖新造」は、この杜花ちゃんのことだったりします。

関連記事

Category - 捧げもの

0 Comments

Post a comment