駄文置き場のブログ 2nd season

□ Le père Noël 【2016 Noël】 □

Le père Noël 第2夜 -星香-

2_seika.jpg



第2夜

12月24日。
巷ではクリスマス・イブと呼ばれる日。

企業跡取りとして入社し3年目になる西園寺櫂(さいおんじ かい)にとって、その日は特別な日でも何でも無い。
前日に急遽言い渡された出張。
文句など言えるはずもなく、命令通り地方へ出掛け、ようやっと帰って来た。
用意されていた車に乗り込み、見るとはなしに外の風景に目をやる。

ライトアップされた丸の内駅舎。
光り輝くイルミネーション。聞こえて来るジングルベルの音色。
幸せそうに手を繋ぎ歩くカップル達。

-こういう華やかな場所は、仕事じゃ無くて恋人と来るところだよな…。
仕事が忙しくそれどころではない櫂とて、年相応の青年。
出来る事ならこういった場所を、素敵な彼女と歩きたいと考えてしまう。



詮ない考えを頭を振り追い出し、軽く眼を閉じる。
車が丸の内を通り抜け、大手町のオフィス街へさしかかったとき、急ブレーキで身体が前方に傾ぐ。
慌てて前方へ眼をやると、運転手が顔面蒼白になっていた。

「どうした!?」
「も…申し訳ございません…」
運転手はすっかり怯えているが、状況から事故だと直ぐに理解した。
慌てて車を降りる。


「大丈夫ですか!?」
車の前方で倒れ込む女性に駆け寄り、身体を起こす。
見た目大きな外傷は無いが、頭を強く打っているかもしれない。

「も…っ申し訳ございません。専務。警察に…」
携帯を取り出し110番しようとした運転手を制する。

今日取り付けて来た仕事は、来年度の業績に関わる重要なもの。
運転手が起こした交通事故という櫂自身の過失ではないが、できれば醜聞は避けたい。
イブの夜。オフィスビルの立ち並ぶ街に残る人は少ない。
見た処目撃者は居らず、車にも事故の跡はない。
怪我の具合次第では、示談で穏便に済ませたいというのが本音。


「救急車より直接病院に運んだ方が早い。
ここからならうち系列の病院が直ぐだ。そちらへ連れて行く」
「は…はい…」

頭を動かさぬよう、そっとその女性
-つくしの身体を持ち上げると、後部座席へと運ぶ。
動かした際、つくしの身体からバッグと共に、スマートフォンが滑り落ちた。
画面いっぱいに罅の入ったそれを、無造作に拾い上げポケットに入れる。


『どこ?』
そう送られた文字は、誰に読まれる事も無く…。





-----


イルミネーションが輝くベイエリア
テレビ画面に、大きく映し出されたクリスマスツリー。

『はこだてクリスマスファンタジー』
1998年より行われている、冬の都を彩る光のイベント。
金森赤レンガ倉庫群前に設置されるクリスマスツリーは、遠く離れた姉妹都市、カナダ、ハリファックス市より海を渡り運ばれて来たもの。
永遠の友好をたたえる想い込められたそれは「幸せを呼ぶもみの木」と言われているという。
期間中、毎日行われるという点灯式と花火。
そして何より、つくしが目を奪われたのは…

「凄い綺麗だね。
それに…ほら、見て見て! スープバーがあるんだって。
とっても美味しそうだよ」
「…牧野はやっぱり、花よりダンゴなんだ…」

くすりと笑いならが告げる、心地良い声。
スバリ本音を言い当てられ「そんな事ないもん!」と膨れるつくしの肩を『誰か』が抱き寄せる。

「…じゃあ…今年の冬、一緒に行こ?」
つくしの耳元でそっと囁く。
驚いてその人の顔を見上げ、コクリと頷いた。



「ごめん。急な出張が入って…」
その人が頭を下げる。
代わりにイブの夜までには絶対に帰って来るから、一緒に食事をしようと、すまなそうに告げる。

正直言えば残念ではあった。
旅行の計画を決め、柄にも無くカレンダーに○まで付けていた。
大きなツリーを見たかったのは、事実。

けれどそれより、その人と居たかった。
イブに一緒に居られるなら、それだけで充分。

「じゃあ…来年行こう。楽しみにしているから」
明るく告げるつくしの身体を、その人は柔らかく抱きしめる。
仄かに香る、柑橘系のコロン。


-行かなくちゃ…。『彼』が…待っているのだから…。


-----




つくしが目を覚ますと、飛び込んで来たのは白い無機質な天井。
一瞬、何処に居るのか判らない。
否…。そうではなく…。

ゆっくりと身体を起こそうとしたとき、扉が開き、医師と一人の青年が入って来る。

「…良かった…。気が付きましたね」
「…………?」
「大丈夫ですか? 何処か身体は痛みますか?」
「…………?」
「吐き気とか、眩暈は…?」
「…………?」
何を尋ねても無反応のつくしに、医師の後ろに居た櫂が声を掛ける。

「すみません。この度は…」
「あの…」
徐につくしが口を開く。

「…あたし…誰なんですか…?」





「記憶障害…?」

つくしから出た言葉に、慌てて専門医を呼び診察させる。
櫂の見立て通り、つくしの外傷は殆ど無く、軽い打ち身と僅かなかすり傷のみ。
MRI等で検査した結果も異常は無かった。
ただひとつ。自身の記憶以外は。

倒れた瞬間に頭を打った影響だろうと、医師が告げる。
こういった記憶障害はままある事で、それがいつ戻るのかは定かでは無い。
つくしの状況を知り、悪いとは思ったが持っていた鞄の中を確認する。
財布、定期入れ、ハンカチ、手帳、小さな化粧ポーチ、それに先程拾い上げたスマートフォン。
一般的な女性に比べ、その荷物は驚く程シンプルだ。
不意に鞄の一番奥にあった、名刺入れに手が伸びる。
女性らしい華やかな色のそれ。

『花沢物産秘書室 専務秘書 牧野つくし』

裏には英文で書かれた、一流企業の名刺。
名刺入れのポケットには、それが偽物ではない事を裏付ける、顔写真付きの社員証。


「…花沢物産の秘書だったのか…。でも…牧野つくし…?」

何処かで聞いた名前に、記憶の糸を辿る。
社員証を眺めていた櫂が、ふとひとつの考えに思い当たった。

数年前のTOJ。
櫂が永林3年のときに行われたもの。
優勝は確か、自校1年女子だったと思うが、それ以上にインパクトを残した英徳2年の女子生徒。
それがそんな名前ではなかっただろうか?
最初は道明寺の跡取りとの婚約が取り沙汰されていたが、現在はそれが白紙に戻り、花沢物産の息子と付き合っているという噂。
類自身がパーティを嫌っている関係上、未だ表舞台に出て来ていないと、先日出たパーティで耳にしていた。

「ふ-…ん…。あの彼女がねぇ…」

見た目、特に特に変哲も無い、
-こう言っては何だが、何処にでも居そうな女性。
だがその彼女が、道明寺と花沢、日本屈指の企業跡取りの心を掴んだ女性だという。
櫂の心に、ある考えが芽生える。
それは、ほんの出来心とでもいうのだろうか…?


「櫂様。女性の身元は…」
「ああ、判った…」
櫂が艶やかな笑みを浮かべる。


「彼女の名は……星野。星野莉緒。うちの第2秘書で…俺の恋人なんだ」





Rendez-vous demain...


↓おまけつきです♪
web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2016/12/21
Comment:16

Comment

*

星さま
西園寺めぇーーーーーと思わず呟いてしまったよ。
ったく。もう一度
西園寺めーーーーー
2016/12/21 【asuhana】 URL #- 

*

へこんだ…笑
朝から凹みました~笑笑
さすが師匠m(__)m泣
ううっ、これクリスマスまで長いな…笑笑
どこで浮上させてくれるのか、待ちますっ(´;ω;`)❤
ありがとうございましたっ❤
2016/12/21 【凪子】 URL #- 

* そう来たか😱

星香様🎶
クリスマスプレゼント🎄🎅🎁✨有難う😆💕✨ございます🙇
やはりと言うかやっぱりつくしちゃん記憶喪失ですか〜
それも、偽名までつかわれて訳もわからない男の恋人とかありえない😱
早く類君の元へ戻れます様に❗
それが最高のクリスマスプレゼント🎄🎁なんですが…
今年もあと10日で終わりです。
お身体に気をつけて頑張って✊😃✊下さいね
2016/12/21 【キム】 URL #- 

*

西園寺くんの気になる思惑。
そしてその後の3年に起きた心の変化。
きっと彼もつくしちゃんに“オチ”ちゃってるんだろうな…。
なんていろいろ妄想をふくらませつつ、
続きの物語を楽しみにお待ちしてます!
にしても類くん。
石の上にも三年…ですか?(涙
2016/12/21 【たろさ】 URL #- 

*

星香様
こんにちは。
クリスマスプレゼント作品の公開を有難うございました。
本名も関わっている人達も分かっていながら勝手に偽名を考え、しかも恋人にしてしまう西園寺さんの心中は…。西園寺さんは恋人が居ないようですし、無意識ではあってもつくしちゃんに一目惚れなんでしょうか!?ドキドキの展開!
類くんのつくしちゃんレーダーが反応して探し出せる時を楽しみにしています(*^^*)
類くん頑張れ~~~~!
2016/12/21 【ノエノエ】 URL #- 

* asuhana 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
うふふ。西園寺めぇーーですか?
めぇーーーですね。
彼が一体どういう人物なのかは…
次の展開をお待ち下さいませ…♪
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/21 【星香】 URL #- 

* 凪子 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
ふふふ…落とすのは得意ですからね。
色々と…←オイ!(^^;)
クリスマスまでは…もうちょっとありますねぇ…
どうなっていくのか?
次の展開を是非是非、お待ち下さい♪
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/21 【星香】 URL #- 

* キム 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
はい、そう来ました。
そして予定通り(?)記憶喪失です。
西園寺君、不人気ですねぇ…←当たり前??
次の展開はきっと…ムフフ♡…の筈です♪
お気遣い、ありがとうございます。<(_ _)>
ここ数日寒暖差がありますので、キム様もどうぞご自愛下さいませ…
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/21 【星香】 URL #- 

* たろさ 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
西園寺くん、何考えているんでしょうねぇ…?←オマエが言うな?
そうそして、大物釣り名人のつくしちゃんですから
きっと彼も……???
うふ♡続きはわくわく、ドキドキですよ~♪
類くんは……もしかしたら…
『果報は寝て待て』なのかも…?? ←オイ!(-_-;)
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/21 【星香】 URL #- 

* ノエノエ 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
西園寺くんの心境…
興味半分、あとは……うーん、何でしょうねぇ…?
類がここの回、殆ど出てこないため、おまけはオンリーにしてみました。
そして次の展開は……うふふ、凄いですよ~♪
次の公開は間もなく!! です。
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/21 【星香】 URL #- 

*

類つくだというのにガッツリ読んでしまった自分を殴りたい。
ちょっとww
バイオレンス類出ないのぉ??
明日は誰じゃい?
待ってるよーん。
2016/12/22 【やこ】 URL #- 

* やこ 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
はは、今回は冴羽類封印…
というか、回想でしか類が出てこなかったのですよ…(-_-;)
うふ、チームルイルイのここ、空いてますよ~♪
おいでおいで……。にやり……
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/22 【星香】 URL #- 

*

こんばんは、星香さん素敵なクリスマスプレゼントありがとうございます。
でも、つくしちゃん記憶喪失で別人にされちゃって読んでいて凄く落ち込んでいます。
後の作家の皆さんで類君&つくしちゃんを必ず幸せにしてくださいね。
よろしくお願いします。
拙い文面ですみません😿
2016/12/22 【kyoro】 URL #- 

* kyoro 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
ふふふ…。皆様の期待、斜め下を行く星香ですからねぇ…
ここはカツッと落としました。
(と、言うわけで「皆様あとは任せた」と撤収する星香)
落ちた後は勿論…??
クリスマスのその日まで、どうぞお楽しみ下さい♪
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/22 【星香】 URL #- 

*

来たよ来た来た西園寺櫂!Σ(゚Д゚)
犯人はお前かーヽ(`Д´)ノプンプン
でも実は黒っぽくてワクワクしてます( *´艸`)♪
今回もあっという間にグイーーンと星香様のお話にひききまれました(≧▽≦)
黒キャラ光る第二話よかったです( ̄▽ ̄)♡
讃美歌を歌って祈りを捧げます。
ありがとうございました。m(__)m
2016/12/23 【さとぴょん】 URL #- 

* さとぴょん 様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
ははははー来ました来ました。
はい、犯人は奴です。←否、こんなのを書いたオマエだって(^^;)
櫂がブラックかは…後半戦の皆様にお任せです。
賛美歌106番。
映画『容疑者Xの献身』で聴いてから、類に歌わせてみたくて
つい、使ってしまいました。
祈りはきっと…届くはず!!
ご拝読、ありがとうございました。<(_ _)>
2016/12/23 【星香】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする