Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

In The Forest 29

第29話


【注意書き】
医療に関する記載がございますが、すべてフィクションとなります。
ご了承下さい。
「花沢類…この話は…」
断ろうとするつくしより先に、類が尋ねる。

「牧野は会計士か税理士の知り合いは居る?」
「え? あ…うん。一応」

思わず素直に答え、しまった、と思い直す。
それを理由に断れたのだが、後の祭り。

「評価計算に専門家が必要なら、牧野の知り合いでいい。
具体的な方法はそっちに任せる。費用が掛かったら、別途請求して」
「……判った……」
不承不承、手にした書類を封筒に戻す。

「これ…急いでる? 期日は…」
「臨床に関する資料は、いつ裁判になるか判らないから、早めに目を通しておいて欲しい。
もう一つの方は…2月くらい…かな?」

つくしが頷き、書類を鞄にしまうと部屋を後にする。
そのつくしの背中を追う類の瞳が、淋しげに揺らめいた。







事務所に戻ったつくしは、類から預かった資料に目を通す。
とりあえず先に、言われていた方の封を開けた。
SDカードを開くと、書かれているのはすべて独語。
画面に文字が出た途端青ざめたが、後半はその翻訳が書かれている。
書面になっていたのはすべて日本語だったので、SDカードと内容の差異がないかを確認してから、書類を読み進めた。


書かれている内容は、数少ない難病に対する効能に関するもの。
日本だけでなく、まだ世界でもそう判例が見付かっていない病気。
発症原因がウィルスによるものなのか、遺伝なのか?
それが特定できないため、決定的な特効薬が未だ製造されていない。
臨床データは、流通されている薬の他、研究段階のものもあった。
数値、発症から死亡までの期間を見ると、研究段階の試薬の方が効果があるように見える。
臨床データには、Georg Riethmuller(ゲオルグ・リートミュラー)と書かれていた。
恐らくはこれを書いた医師か教授。
勿論、つくしはその名前に聞き覚えはない。

「治験(※)に関する裁判かな…?
…新薬に関する特許じゃ無いって言っていたし…」

書類を見ながらつくしが呟く。
大体の内容は判ったが、そもそもの前知識が少ないので不安はある。

「…少し…優紀に聞いてみようかな?」

この書類を見せるのは流石にまずいが、病名を告げ、優紀が知っていることを聞くのは違反には当たらない。
内容確認が一段落したところで、もうひとつの封筒に目を落とす。

類の個人財産に関する資料。
つくし
-弁護士にに依頼するということは、遺言は公正証書だろう。
態々別の弁護士に頼むをいうことは、それ相応の理由があると考えるのが妥当。

封筒に手を掛け、大きくため息をつく。
既に日は落ち、残っているのはつくし一人。
急ぎではないことから、それを引き出しにしまい鍵を掛けると事務所を出た。




外に出ると昼の暖かさから一転寒くなっている。
もうコートは要らない季節になっていたが、今晩は珍しく肌寒い。
つくしは薄手のシャツに背抜きのジャケットという出で立ち。

「ストール、持ってくれば良かった…」
ジャケットの前ボタンを閉め、足早に駅の方向へ歩いていると、不意に、目の前の大きな建物から出てきた男性に声を掛けられる。
つい最近、聞いたばかりの声。

「何だ? 牧野か…?」
「………げ……西門さん………?」
総二郎はカジュアルジャケットという、割とラフな格好をしているものの、その艶やかな印象は相変わらず。
つくしから思わず出た言葉に、何とも言えない苦笑を浮かべた。

「……お前、こんな良い男捕まえて『げ』はないだろ?」
「う…ごめん。でも、どうしたの? こんな処で?」
「ああ、そこの出版社で打ち合わせだ。雑誌にコラムが載るんだと」
総二郎の指差した先には、出版社ビルが建っている。

「へぇ…西門さん、ちゃんと仕事してるって、少し意外…」
「随分な言い草だな。おい。
…そういや牧野の職場はこの辺だったっけ?」
「うん、そのちょっと先…」
貰った名刺の住所を思い出しながら尋ねると、つくしが事務所の方を指差す。

「仕事帰りか。…飯、まだだろ? ちょっと食って行こうぜ」
「え…? い…いいよ…」
慌てて首をブンブン振るのだが、総二郎には全く効果が無い。

「大丈夫だ。別に取って食いやしねぇから」
「と…取って食うって…!?」

アタフタしている間に、目の間に現れた車に押し込められるつくしだった。



※治験
医薬品当の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験


関連記事

Category - 本編 『In The Forest』(完結)

0 Comments

Post a comment