Welcome to my blog

駄文置き場のブログ 2nd season

Article page

1周年記念企画「F4 アキバへ行く!」

Category - 思いつき企画

1syuunen.png

2nd seasonに足をお運び頂き、ありがとうございます。
駄文作者の星香です。




お陰様でこちらも無事1周年を迎えることができました。
これもひとえに、お越し下さる皆様のお陰です。
本当にありがとうございます。<(_ _)>

ギリギリになってしまいましたが、1周年御礼小話が出来上がりました。
身近な、とある出来事からUPしたものとなります。
かなり酷い内容ですが、ゆるーーーく、お楽しみ下さいませ…<(_ _)>







東京 秋葉原
日本屈指の電気街にして輸出物品販売場。
数年前より『ヲタク文化』も生まれる、何とも不可思議でパワーのある街のひとつ…である。


「新しくお店を立ち上げたから、遊びに来てね」

滋が笑顔でそう告げ手渡したのは、ご招待チケット。
どうやら新しく飲食店を立ち上げたらしいのだが、その場所は…と、覗いてみると…

「…秋葉原…」
F4の背中に、冷たいものが走る。

「これって……絶対に『アレ』だな…」
「『いらっしゃいませ~ご主人さま~』って奴か?」
「司、それを言うなら『お帰りなさいませ~ご主人さま~』だよ」
「あ!? 何で店員が『お帰りなさいませ』なんて言うんだよ!」
「だから…そういう店なんだって…」
「大体が、メイドなんて普通に家に居るだろ?
そんなの店で見たって面白くも何ともねぇだろうが」
「普通の家には居ないんだよ。メイドは」
「……それより……どうすんだ? これ……?」

手にヒラヒラしているチケットが4枚。
『絶対に来てね』と念押しされており、ここでしらばっくれたら…?
滋のことだ。後々面倒になる。

それに何より、トドメの一言。
「つくしにアルバイト頼んだんだ~」

途端に4人の脳裏に妄想が広がる。
可愛いメイド姿のつくしが「萌え萌え、キュンキュンでございますぅ~」という姿が。
人間、欲望には勝てない。

えっ? つくしはそんなこと言わない?
人間、願望は妄想を掻き立てる。
それによってこの二次の世界は成り立っているのだから、それは確か。

斯くして花の四人組、通称F4
アキバへといざ出陣! と、相成った。



秋葉原電気街口は、平日、休日問わず、昼間はいつ来ても混んでいる。

「何だこれは!?」「…帰りたい…」「まず来ないからな…」「さっさと行ってさっさと帰って来ようぜ」
人混みの中を美形長身の4人が揃って歩けば、それだけで嫌という程、目を引く。
かといって「声を掛けるな」オーラが出ているため、メイド姿の定員ですら声を掛けるのが躊躇われる4人。
人混みにも関わらず、スムーズに目的地に辿り着くことが出来た。

「ここか…?」「なに? これ?」「メイドカフェ…なんだろうけど」「…大河原の趣味だろ?」

店の前に出ている看板には、店名『滋ちゃんのお城』と書かれており、何やら和装チックな店構え。
メイドカフェ特有の、チープな造りではないのは、流石、バックに大河原がついているだけのことはあるだろう。
多少(かなり)不安を抱えながら中の扉を開けると…。

「おっっお帰りなさいませ~お館さま~ぁ」
「「「「牧野!?」」」」
入口で声を掛けたのは、可愛いメイド…ならぬ着物を着たつくしの姿。
だが…

「牧野っ! おまっ…!?」「…可愛い」「それで着物かよ!」「…何だ…それ…」
「…え…?そんなに変かな…? 意外と動きやすいんだよ」
4人の前でくるりと1周、ターンをする。

そう、着物は着物でも、裾が膝上のミニスカート状態。
生足ではなくニーハイソックスを履いているのだが、ソックスとスカートの間の部分の太ももがチラリと見え、それが微妙に色っぽい。

「牧野! 破廉恥だぞ!」
「えー? 大丈夫だよ。この下、アンダースコート履いてるし…」
「あっ…アンダー…」
ぱたん。あまりの状況に司が卒倒する。

「でも牧野。誰かに触られたりしないの?」
「花沢類、知らないの? こういうお店、店員さんに触るのは禁止なんだよ。
確か…『触ると溶けちゃいますから、触っちゃ駄目ですぅ~』って言うんだって」
無邪気なつくしの言葉に、類、撃沈。

「牧野…。それって着物とは言わねぇぞ」
「着物じゃ無いよ。制服だもん」
総二郎、微妙に論点がズレてしまい、かわされる。

「なぁ、牧野。やっぱりメイド喫茶ってのは…」
「メイド喫茶じゃないよ。和服だもの。『ご主人さまぁ~』とは言わないでしょ?」
妙に乗り気のつくしに、あきらの常識的な説得は通じない。

4人は気付く。
コスプレもどきの事などしたがらないつくしが乗り気な理由は、程よく高い時給に他ならない、と。
4人がやってしまいがちだが、高すぎる時給では、つくしはかえって敬遠する。
恐るべき経営手腕(?)の持ち主、滋。
F4の将来の敵は、こんな身近に居たのだ。

兎にも角にもVIPルームならぬ『お館様のお部屋』に通される。
そこに同じような衣装を着た滋が「お飲み物をお持ち致しました~」と、碗に入った飲み物を差し出した。
和装カフェなだけあり器は和物だが、中身は普通の珈琲のようである。

「…なんだ…これ?」
「うちの一番人気の珈琲だよ」

なんのかんのでお嬢様の滋。
食べるのが大好きなこともあって、味覚には五月蠅い。
そんな変なものは出さないだろうが、ここは秋葉原。
お土産に『唐辛子入り饅頭』なるものもある。
恐る恐る、ひとくち、口に含む。

ごくん。
何の変哲も無い美味しい珈琲に安堵する。

「はーい、じゃあこれからショータイムです~
つくし、ステージに上がってね」
「あっ…う…うん」

思わぬつくしのダンス姿に、「アキバも悪くない」と内心思ったF4だった。



-閉店後-

「…でもさ…滋さん。試作品って何だったの?」

着替えをしながらつくしが尋ねる。
そう、つくしがアルバイトを受けたもうひとつの理由。
それ滋に「うちの新商品開発に協力して~」と頼み込まれたことなのだ。
幾らつくしでも、時給だけで「メイド喫茶」のバイトはしない。…はず?

「うん…実はね…」
ニヤリ…と含んだ笑みを浮かべ、こそこそと耳打ちする。
それを聞いたつくしが、素っ頓狂な声を上げた。



-翌朝-
それぞれ自宅で目覚めた4人は、つくし同様、素っ頓狂な声を上げる。
それもそのはず。
4人が飲んだ珈琲には、大河原製薬は作っていた試作品『ブルースキャロップ(※)』が混ぜてあったのだから。
それから1週間、自宅の部屋に籠もった4人は、金輪際、秋葉原には行かないと誓ったのであった。


おしまい。


※ブルースキャロップ
詳しい内容は、1st『君の隣で眠らせて 第77話』をご参考下さい。
77話も読んでいられるか! という皆様は『番外編 第4話』をご参考下さいませ…。





えーっと…いきなり、何これ? ですよね…。
実は私の職場は、秋葉原が徒歩圏内だったりします。
先日、iPodのイヤホンが壊れてしまったため、久しぶりに秋葉原に行ったのですよ。
で、びっくり。

メイドさんはアタリマエのように居るのですが…
変な着物っぽい服を着た人。
フクロウ(多分本物?)を連れている人。
怪しげな(??)カフェの客引きお姉ちゃんが沢山。
…私が親で、娘がバイトしていたら泣いちゃうよ!?
と、Gipさまとお話していたのです。

そんな中出たのが…
「もしF4が、アキバメイドカフェに行ったら?」

最初は「Gさまが書いてよ~」とお強請りしていたのですが
結局ワタクシが書いてみることになりました。
ですが、オチはこれ…
なかなか手強いアキバネタでした。

同じ東京でも、大手町なんかは「都会」「都心」のイメージですが、
秋葉原は間違いなく「アジア」ですよね…。
まぁ、電化製品を見に秋葉原に行くのは好きなんですけれどね。

ちなみにメイドカフェは行ったことも、アルバイトしたこともありません(^^;)
和装カフェでは本当に「お館様」「お姫様」と呼ばれるらしいです。
もう少し若ければ…つくしのようにバイトしていた?
否、しないな…(-_-;)

と言うわけで、苦情は恒例、いいわけ巫女にお願い致します。<(_ _)>
これに懲りずに、2年目もお付き合い下さいませ…<(_ _)>

関連記事

Category - 思いつき企画

8 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/12 (Mon) 23:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/13 (Tue) 09:40 | REPLY |   

星香  

鍵コメ「Gip」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪

ははは…コスプレと言えば滋ちゃん。
実はあの後、色々調べてみたら
「男装カフェ」なるものがあるのですよ…
幕末関係のコスプレのようですが、ビックリです。
↑そこから例の薬ネタになりました。

ですがやっぱり私には「萌え萌えですぅ~」は無理でした(><)
という訳で…執事はGさま、お願い致します~<(_ _)>

うふ、こちらこそ、仲良くして下さいませ~♡

2017/06/13 (Tue) 10:15 | REPLY |   

星香  

鍵コメ「as」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪

うふ、ありがとうございます♪
「as」さまも萌え萌えキュンキュン♡
書いて書いて~♪

2017/06/13 (Tue) 10:16 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/13 (Tue) 14:59 | REPLY |   

星香  

鍵コメ「河」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪

お陰様でこちらも何とか1周年を迎えることができました(^^)
そして…ひゃっほう~♡
うふふふーー
イイコにして待っております~(^^)

2017/06/14 (Wed) 01:43 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/14 (Wed) 09:10 | REPLY |   

星香  

鍵コメ「桃」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪

のんびり更新ですが、何とかこちらも1周年を迎えることができました(^^)
探して頂いて、本当に嬉しかったです。

お話…どうも変なものに仕上がってしまいました(^^;)
うふ、滋ちゃんのおねだりにつくしちゃんは弱そうですからね…
で、そのつくしちゃんにはF4は弱いので、きっと振り回されちゃうんでしょうね。

メイドや浴衣のアルバイトさんはまだいいのですが
それに群がる(?)男の子たち
「オイオイ…」と、思いますね…
ミニ浴衣。はははー私も無理です(^^;)

お付き合い、ありがとうございました。<(_ _)> 

2017/06/15 (Thu) 09:47 | REPLY |   

Post a comment