駄文置き場のブログ 2nd season

□ 頂きもの♡ □

Kissするタイミング (by 河杜花 様)


kisskiss.jpg


こちらのお話は、人気花男二次サイト
『柳緑花紅』の河杜花様より頂戴致しました。
河杜花さま、ありがとうございます。<(_ _)>

河杜花さまの素敵サイトはこちらから↓
kawamorihana.jpg









花沢類のリクエストで、渋谷センター街を歩く事になった。
花沢類と付き合うようになってから何回かデートをしているけど、
今までレストランとか映画とかしか行った事がなくって、
街中を二人で歩くという事をしたことがなかった。
なんで渋谷なの?と聞いてみると、
「この間一緖にテレビで見た牧野が、渋谷にある〇〇に行きたいな~とか、
この日本初出店の雑貨店が渋谷にできたとか、
渋谷の事ばかりおしゃべりしていたでしょ?
だからどんなところかなと思って。」
うぬぬ!まさか覚えているとは!
彼女の話した事を忘れないって、嬉しすぎるじゃない!


花沢類は初めて渋谷を歩くらしく、キョロキョロさせて楽しそう。
こんな花沢類なんて見たことがなくって、
それだけで楽しいし、面白い。
「ね、牧野。これって何するところ?」
花沢類が指差すところは、ゲームセンター。
説明しようと横向くと、すでにプリクラの前で
ビー玉のような綺麗な瞳をキラキラさせていた。
「ああこれ?プリクラって言って、シールみたいな写真が撮れるんだけど・・・。」
「へぇ・・・。ね、撮ろうっか。」
「えぇっ!!撮るの?」
「くすっ。撮りたいって顔に書いてあるよ。」
ええっ!いや、良いの?!こういうの嫌がりそうなのに。まじ?
な、なんか急だから、緊張しちゃうっ!
メイクのテカリ具合を確認しとけば良かった!
・・・って、いつの間に花沢類が操作始めているし!
しかもスイスイと選択しているし!

「ねえねえ?類ってプリクラの操作できるの?!」
「ううん、これが初めてだよ、あ、始まる。」
言ったかどうかの瞬間に肩をグイって寄せられびっくり!
その瞬間、真っ赤になった顔を撮られた。
「ちょっ!恥ずか・・・!?」
今度は花沢類の顔が近寄ったかと思うと、
頬っぺたと頬っぺたが~~~!!
「くっ・・・くっつき過ぎだっつーの・・・。」
な、な、なんか刺激が強過ぎる・・・。
鼻血、鼻血、でてないよね?!
「大丈夫だよ。ほら、こっちむいて?」
甘く耳元で囁くもんだから、つい、離れようとすると、
予測していましたとばかりに、私の顎をクイッとあげた。
真正面には類の顔!

無理。
無理無理無理無理無理~!
ビー玉のような透き通った瞳がっ、こっちむいている~~~!!!
「あ、牧野の唇に海苔がついている。」
「ふぇっ?!」
チュッ。
「なっ・・・!」
チュッチュッ。
「る、類、ぷ、プリクラが・・・」
「黙ってて。」
チュッ。チュッ。チュッ。
類の柔らかい唇が、私の上唇下唇と、甘く甘く啄んでいく。
「んっ・・・。」

類のキスがエスカレートしていけばいくほど、
キスの余韻に蕩けてしまいそう。
その甘さに脚がガクガクしてしまって、
とうとうガクンと類の腕の中で倒れてしまった。
「牧野、大丈夫?」

だ、だ、大丈夫なわけ、ないでしょっ!!
蕩けて溶けてしまいそうだわよっ?!
カーテン一枚で仕切られているだけの
わずかばかりな空間は、暑いのなんのって。
いまや恋人達のための空間となり、
何処にいるのか何していたのかわからなくなって
すっかり花沢類の腕の中にいる事すら忘れていたら、
カタンと何かが落ちてきた音がした。
「あれ?何かでてきたかも?」
はっ!!
そういえば渋谷のど真ん中にあるゲーセンでプリクラを撮っていたんだ!

でてきた写真はまるで4コマ漫画にように
肩寄せ合った二人→
花沢類にホッペチュッ→
キスされた瞬間→
最後に思いっきり深いキス♡
・・・・がバッチリ写っていた。

ひ、ひ、ひえ~~~!!
類のバカ~~~!!!
「へえ・・・。良い写真だよね?・・・って牧野?」
「こ、こんな写真、誰かにみられたりでもしたら、私、お嫁に行けない・・・。」
も、もう。
ひどいよ、ひどいっ。
恥ずかしいじゃない~!
「ん?牧野は俺のお嫁さん決定だから、恥ずかしくないから安心して。」
えっ・・・、今、なんて?
なんて言った?!お嫁さん決定って言わなかった?!
「じゃ、行こうか?」
類の腕の中で頭の回線ショートしてしまっていた私を外に連れ出したかと思うと、
人混み溢れる渋谷の街中をお姫様抱っこして歩き始めてしまった!

「ちょっ、ちょっ、ちょっと待って!どこ行くの?デートの続きは?」
クスッとこの美しい男は天使の笑顔で私にチュッと唇にキスをする。
「牧野のそんな顔を他の男に見られないように
二人っきりになれるところで続きね?」

このセリフに夢見心地でキュンキュンしていると
花沢類はあっという間に素敵なホテルに私を連れて行き、
もっと恥ずかしいけど気持ちいいことをたっぷりしてくれたのだった。





fin








うひゃあ♡
チューですよ♡ チュー♡♡ プリクラでチュー♡♡♡
ひゃん、つくしちゃんいいなぁ…
しかも…もっとイイコトですか♡
うふふ~ドキドキだぁ…

実は昔、渋谷に勤めていたことがあります。
いっつも並んでいる回転寿司屋があり、
一度入ってみたかったなぁ…と思っておりました。
こんなことを考える星香だから、プリクラチューは無理ですね(^^;)

なお、この作品に関する権利の一切は、作者である河杜花様にございます。
無断での転記、配布、加工、
及びこれらすべてに準ずる一切の行為を禁止致します。
また、河杜花様への悪意のある書き込みも禁止致します。
見付けた場合には、該当者への警告
当ブログでのお気に入り登録のある場合には、すべて解除のうえ、
当ブログにてハンドル名とその事実を公開致します。ご注意下さい。


河杜花様へのオープンコメントが照れます~と仰るシャイな方。
私で宜しければ伝書鳩になりますので、クローズコメントでお気軽にそうぞ♪

思わずキュンキュンしてしまう素敵なお話、ありがとうございました。<(_ _)>

関連記事
スポンサーサイト


BACK|目次NEXT
*    *    *

Information

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/07 【】  # 

* 鍵コメ「りお」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
うふ、ホントいいですよね~(^^)
はは…やりたい放題…確かに…。
もう、糖度マイナスのこのブログを
甘々世界に連れて行ってくれる、うふふなお話でした(^^)♪

メッセ、お預かり致します~<(_ _)>
2017/07/10 【星香】 URL #- 

* 鍵コメ「りお」様

河杜花さまよりメッセージをお預り致しました。
こちらに記載致します~(^_-)-☆
花さまにメッセージをお渡しするのが遅くなってしまったため
すっかり遅くなってしまいました。
すみません…<(_ _)>


-----


コメントありがとうございます!
久々に甘甘なお話を書いたからか、
自分でもきゅんきゅんしてしまいました♡

実はこれ、知人の実話ですw
いまどきの恋人はこんなことしとるんか~!って思ったけど
ものすごく羨ましかった&悔しいので書いちゃいました♡
渋谷、まだプリクラありますよね。
昼間はまだしも、夜は濃密そう・・・。

つくしちゃんと類君はシンプルに
チュ~されたところを撮られた模様です♪
2017/07/11 【星香(花さまよりのメッセージです)】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする