駄文置き場のブログ 2nd season

□ 思いつき企画 □

オフ会レポ『そうだ、函館・札幌に行こう!』第5話


hijikata.png


第5話



後ろ髪引かれる思いで五稜郭タワーを後にした後は、地元の回転寿司屋で腹拵え。
つくしは「お寿司美味しい~」と満身の笑み。
類は初めての回る皿に興味津々。
お腹いっぱいになったところで、車は再び函館山の方へ。
目的は夜景…ではなく…。

「類、お願い。私、碧血碑(へきけつひ※)に行きたいの」
「碧血碑…。ああ、戊辰戦争の慰霊碑ね…」

車を走らせながら、記憶の糸を手繰り寄せる。
幕末の任侠、柳川熊吉が明治政府の命に背き、賊軍となった幕府軍の死者を弔い捕らえられたが、薩摩の田島圭蔵の黙殺により無罪放免。
その後、函館の地に建設したものが碧血碑で、その文字は大鳥圭介か書いたと言われている。

-まぁ…そこなら奴のブロンズ像はないしな…
歴史上人物も、類にかかれば立派なライバル。

「ん、いいよ」
「えっ。嬉しい! ありがとう!!」

車で行けるギリギリまで山を登り、その後は徒歩。
草ぼうぼうの山道階段を登ることしばし。
現れたのは巨大な慰霊碑。
つくしは深々と一礼し、黙祷。
一応、類もそれに倣う。

が…気になるのは…。

-なんか…蚊が凄いんだけど…。
変温動物…もとい、体温が低い類はそう刺されないのだが、ちろりと隣に目を向けると、つくしが必死で蚊と格闘をしている。

「ああーん。また刺されたぁ……!
類、大丈夫?」
「ん…俺は平気」

-つくしのは甘いからなぁ…。血も甘いのかな…?

感傷に浸りつつ「痒い痒い」言うつくしにはとても言えない事を類が考えていたなどとは…。
夢にも思わないつくしであった。



「類、まだ時間あるかな…?」
「ん…まだ平気だけと…?」

碧血碑近くの縁の寺も巡った後、つくしは更に行きたい場所があるという。

「あのね。『嘆きの松』を見たいの!
ジオラマ見たら行きたくなっちゃった!
でも…遠いよね…?」
「ん…江差だと…。2時間弱くらい…?」
「じゃあ…類、大変だよね…」

途端にしゅんとなるつくし。
その顔に、やはり類は弱い。

「いいよ。行こ」
「えっ、本当に?」

つくしがぱっと笑顔になる。
別につくしのために運転することは苦ではないし、運転事態も楽しい。隣につくしが居るならなおのこと。

が…類はまたその行動を後悔することになる。


山道をトコトコ走らせる。
途中、再びのUターンでおやつの玉蜀黍を手に入れるという『事件』はあったものの、類の運転に慣れたつくしは、もう然程焦らない。
そうやって見えてきたのは…

「海だよ! 類! 海!」
海岸沿いの道を走らせていると、つくしが無邪気に喜ぶ。

-うん。やっぱり来て良かった。あっ、でもオープンカーにすれば良かったかな…?

どこの世界にオーブンカーのレンタカーがあるんだ?
と、突っ込みたくなる考えが類に浮かぶ。
花沢レンタカーに専用のオーブンカーを用意させようと考えなから車を走らせていると、つくしが海の前方を指差した。

「あっ、見て! 船だよ、船っ!」
「えっ…船…?」

海だから船くらいあるだろう…と、指差す方向に目を向けると、そこにあるのは旅客船でもヨットでもない帆船。
離れた場所からでも判るということは、かなりの大きさだと伺える。

「…ああ、あれ、開陽丸じゃない…?」
「開陽丸って…あの、座礁した…?」
「ん。前に復元したって聞いたことある。海底調査もしているみたいだし…」

類の言葉につくしは期待に眼をキラキラ輝かせる。

「えっとね…。類…」
「ん、判った。行ってみよ」

ぎゅいん♪

類が大きく車を右折させた。



つづく


※『へっけつひ』と呼ぶことも多いそうですが、『へきけつひ』が正しいそうです。(Wikipedia参照)
私もずっと『へっけつひ』だと思っていました。






私は新選組贔屓なので、つい旧幕府側に片寄った目で見てしまいがちですが、新政府軍の中には、田島圭蔵のような人も居たのだと知りました。
大河ドラマ「新選組!」の中でも、古田新太さん演じる、薩摩の有馬藤太は格好良かったし…。
絶対的なものはないということですよね。
ですが…碧血碑の蚊は凄かった…(>_<)

hekiketuhi.jpg
碧血碑
山奥にあるのは、新政府軍の目があったため、だそうです。
『荘子』外物篇の記述
「萇弘は蜀に死す。其の血を蔵すること三年にして. 化して碧と為る」
(忠義を貫いて死んだ者の流した血は、三年経てば地中で宝石の碧玉と化す)
の伝説から来ているそうです。(Wikipedia引用)

そして今回は、江差にまで足を伸ばしました。
余談ですが、以前江差を訪れたとき、昔の会社の同期に
「北海道の江刺に行ってきた♪」
と書いたところ
「北海道は『江差』。『江刺』は岩手。どこの会社に居たんだ!」
と言われました。
だって、社会キライだったんだもーん(^^;)

そして目的地は急遽、『嘆きの松』から『開陽丸』に変更したのですが…。
長くなったので、続きは次回にて…


関連記事
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/12 【】  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/13 【】  # 

* 鍵コメ「まー」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
おお! 「まー」様も新選組好きですか!!
「無頼」は私も好きでハマりました。
続き,再開しないかなー? と、いつも思っております。
レポはまだ続くのですが、中々書ききれず…
もう少々、お待ち下さいませ…<(_ _)>
2017/08/16 【星香】 URL #- 

* 鍵コメ「瑞」様

ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
いえいえー
こちらこそ、お目にかかれて嬉しかったです(^^)
是非是非、お話も書いて頂きたいです~(^_-)-☆
うふふ、何といってもマムシですからね…。
そちらのレポは、もう少々お待ち下さいませ…<(_ _)>
2017/08/16 【星香】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする